※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
Yokohama Bay Sheraton Hotel & Towers
Sheraton Sweet Sleeper Bed客室 ツインルーム / 2006年8月
予約:ホテル直接
宿泊プラン:なし(ラックレート)


 毎年8月初頭にみなとみらい地区で開催される、神奈川新聞花火大会。

 2006年は、前年に引き続き、横浜駅前にある「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」の客室から観覧・・・となりました。


 予約を入れたのは3月頃。その時点ではまだどのホテルから観覧するか決めていなかったのですが、とりあえず開催場所の周辺ホテルの花火大会の日の宿泊予約開始日を確認しようと思い、このホテルの宿泊予約係にも問い合わせてみたら、特に「予約受付開始日」というのは設定していない、今ならまだ空きがある・・・・とのお返事が。

 「まだ空きがある」という話を伺うと、反射的に予約を入れたくなっちゃうわけで(^^; ・・・・そんなわけで、その時に、花火大会の日の予約を入れたのでした。客室は前年の滞在時にて気に入った、『ベイビューツイン(高層階の海側のツインルーム)』のタイプでお願いしました。

 そして、同じ年の6月頃になって、ホテルの公式サイトにアクセスしてみたら、このホテルにて、一般フロアの最上階(25階)の客室に、快眠を追及した「
Sheraton Sweet Sleeper Bed」の導入が開始されている事を知りました。

 普通に『ベイビューツイン』といえば、これまで15階〜25階の海側の客室・・・でしたが、『Sheraton Sweet Sleeper Bedが導入されたベイビューツイン』と指定すれば25階の客室が確約されるわけで、後から25階への客室へ予約内容を変更していただきました。(注:今現在は、このベッドが導入されている客室階はもっと増えているかもしれません。)

 結果的には、新しいベッドと液晶テレビの導入により、客室は前年利用時よりも、さらに快適に過ごす事ができました。(^^)

(注1)2006年8月の宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ