※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
浦安ブライトンホテル
Urayasu Brighton Hotel
〜ルーム・だんらん / 2004年5月
予約:ホテル公式サイトのオンライン予約
宿泊プラン:
ブライトン11thスペシャル第二弾

 

 
 5月の連休が終わろうとしていた頃、千葉県浦安市にある、浦安ブライトンホテルにステイしました。

 さすがに、連休も終わり頃になると、遊び疲れもでてきた(^^ゞので、今回は、ホテルの室内でゆっくりだらだらと過ごそう〜と。

 宿泊を伴にする相手は、当日羽田空港からホテルに直行したい・・・・という事で、羽田空港からアクセスが便利そうなホテルを探したところ、浦安ブライトンホテルへは、羽田空港から直行バスも出ていて便利そう・・・という事と、お得な宿泊プランがでている・・・というので、このホテルに決めました。

 お部屋は、以前からずっと気になっていた「
〜ルーム・だんらん」にしました。これは、浦安ブライトンホテルが「居心地のいい寛げる客室」というコンセプトで開発した客室タイプの1つで、お部屋の中に、靴を脱いで足が伸ばせるフローリングの床の「danran」スペースを設けている・・というもの。低反発の快眠ベッドも導入されているとあって、とても楽しみなのでした。

 もともとラックレートは税・サ込みで\58,000とかなり高額なお部屋ですが、5月の休前日をのぞく全ての日で、税・サ込みで 室料\23800.-・・・というお得なプランがホテルの公式サイトに出ていたので、そのプランを利用しました。実に6割引!o(^o^)o

 結果は、ベッドも、ゆったりしたお風呂も、花火のビュー(注2)も、いずれもとっても気に入ってしまったのでした。 まさに、だらだらとリラックスして過ごすのにとても快適なお部屋だなーと思いました。疲れがとれて、翌朝は元気に職場に出勤できました。(^^)

(注1)2004年5月の宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
(注2)方角的に花火が見えるお客室は限られていると思います。今回のステイではたまたまその方向のお部屋だった・・・という事で。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ