※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
Sheraton Grande Tokyo Bay Hotel
スターウッド プリファード ゲストルーム (40平米タイプ) / 2007年6月
予約:ホテル直接
宿泊プラン:
下記参照 (SPG会員特典利用)









 2007年6月初旬。

 週末に数日の休暇をつけた5泊・・・の前半は横浜のみなとみらいで過ごしましたが、後半は場所を移動し、東京ディズニーリゾートで過ごしました。

 その初日(平日)は、オフィシャルホテルの1つで舞浜の海沿いに建つ、
シェラトン・グランデ・東京ベイでのんびりと過ごしました。



 客室選びに関しては、スイート未満の2人部屋で、バスルームが洗い場式 または シャワーブースの客室にしたいと思いました。

 特に、
SPGルーム(スターウッド プリファード ゲストルーム)は、横浜ベイシェラトン&タワーズでも経験済みのシェラトンスイートスイーパーベッドが導入されていて、寝心地が良さそうに見え、さらにバスルームは洗い場式でしたので、興味を持ちました。

 この
SPGルームというのは、通常は、ホテルグループ(スターウッド)の会員組織に入会済みの会員(SPG会員)が、こちらに記載されている方法で、他の客室タイプの宿泊予約を行った後にUpgrade希望申請の手続きを行うと、ホテル側が申請の先着順にSPGルームへのアップグレード対応を行うしくみになってます。(2007年時点でのやり方です。)

 これはすなわち、
SPGルームにまだ充分空きの余裕がある時点では、最安値の宿泊プランを探して予約をしておけば、お得な料金でSPGルームに滞在する事ができる事になります。

 一方で、
SPGルームがほぼ満室、あるいはすでにキャンセル待ち状態になってしまった場合には、(料金は2の次にして)自分たちが実際に滞在したいレベルの客室の宿泊プランをきちんと予約しておかないと、SPGルームの滞在がかなわなかった場合に、(客室が狭い、眺望が良くないなど)快適には過ごせないかも・・・・・・となります。

 今回、予約を入れようとしたのは、宿泊希望日の約1週間前・・・とかなり直前でしたので、「
宿泊希望日にSPGルームの空きがまだあるのか(=そもそも、今からの予約でUpgradeの可能性はまだ残っているのか)」を先に確認したくて、ホテルの宿泊予約係に直接、問い合わせの電話をしました。すでに空きがなければ、さっさと他のホテル探しをはじめよう・・・・・と。

 その結果、まだ
SPGルームに空きがある事がわかり、ついでにその電話口で予約の手続き&SPGルームへのUpgradeを確定していただける事になりました。(その時点で残っている最安値?の\24000/室の宿泊プランからのUpgrade・・・という扱いでした。)   

 事がシンプルに手早く済んでホッ!(^o^)

 この予約時に、「
可能ならば40平米タイプを希望。パーク側の花火の見やすい位置の客室」というリクエストも入れてみたのですが、幸いにして平日で客室のアサインに余裕があったのか、全てかないました。



 そんなわけで、滞在時には客室内や専用ラウンジでとても快適に過ごす事が出来、また風に乗って聞こえてくるディズニーシーからの音楽や、客室のバルコニーから望めた花火やディズニーシー、海の景色を楽しむ事が出来ました。

 そして、あまりの居心地の良さに、(チェックアウト日には早朝から入園して遊ぶ予定だったのをとりやめて)、SPGのスターポイントを使ってチェックアウト時間を伸ばし、ホテル内でのんびりと過ごしてしまいました。

 またひとつ、お気に入りのホテルが増えました。(^_^)

(注1)2007年6月の宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ