※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
名古屋マリオットアソシアホテル
Nagoya Marriott Associa Hotel
コンシェルジュフロア デラックスダブル / 2008年11月
予約:ホテルに直接
宿泊プラン:勤務先の法人契約レートを利用

(名古屋も、紅葉がはじまってましたー)

 2008年11月、祖母の13回忌法要に出席する為、京都に行く事になりました。その期日とは・・・何と、11月下旬の3連休のド真ん中の日に決まったのでした。
 
 「
せっかく京都まで遠出するのならば、3連休中は、旅行が大好きだったおばあちゃんへの思いをはせながら、ゆっくりと旅行を楽しみたいかも〜。」
 
 しかし・・・・・・紅葉真っ盛りの時期の、さらに3連休時の京都の宿を、これから
(その年の5月頃に法要の期日決定の連絡がありました)確実に予約するのは、至難の業。
 
 しかも、市内が観光客で激込み時の滞在は、身動きがとりづらくキツイかも〜。つまり・・・運よく宿がとれても、コストと待ち時間ばかりかかって、旅行を楽しめないかも〜・・・とも考えました。
 
 そこで、3連休は名古屋を滞在の拠点とし、法要の日だけ、そこから日帰りで京都を往復する事を考えました。連休の最終日も、そのまま当地に宿泊し、翌朝の新幹線に乗ってそのまま都内の職場へ直行で出社しよう・・・と。(^_^
 
 ただし、こうした途中に長時間の私用が入る旅行に、誰かを誘うのは、ちょっとつらいな〜・・・家族旅行も、両親の都合が合わず断念・・・という事で、今回はのんびりと
ひとり旅・・・にする事に決定。
 
 滞在先は、京都往復や連休翌日の早朝の新幹線をつかまえる為、駅の真上に建つ「
名古屋マリオットアソシアホテル」に決めました。いつか、こちらのホテルに泊まってみたいと以前から思っていましたので、ちょうど良いタイミングかも・・・と。
 

 
 選んだ客室タイプは、コンシェルジュフロアデラックスダブル

 客室内に
シャワーブースがあって欲しかったので、「デラックス」タイプを。そして、3連休の初日からの滞在開始で、チェックイン手続きが混みあう事が予想されたので、コンシェルジュフロアの専用デスクでチェックインしたいなーと。
 
 予約は、5月の時点で入れようとしてましたので、ホテルの公式サイトや、オンライン予約サイト
(一休.com、楽天トラベル、JTBなど)では、まだ10月以降の宿泊プランはネット上で販売されてませんでした。

 しかし3連休の予約を早めに入れておきたかったので、今回は、自分の勤務先との法人契約レートの設定の有無をホテルに確認し、そのレートで予約を入れました。
(通年均一料金で、1名利用時、26000円/泊くらいでした。)


 
 予約時には、以下のリクエストを、ホテルの宿泊予約係に入れてました。
  • 西側の客室希望
    (コンシェルジュフロアの専用ラウンジは東側に配置されているので)
  • なるべく高層階希望
    (コンシェルジュフロアのデラックスタイプの客室は、35F/37F/47Fの3フロアに配置されています。専用ラウンジは、36F・・・なので、眺望の変化を求めて47階希望。)
  • 広い方の客室タイプ希望
    コンシェルジュフロアデラックスダブルは、「38平米以上」と「42平米以上」の2タイプに分けて、標準料金を設定しているようです。
    オンライン予約が行えるのは「38平米以上」のみ。「42平米以上」のタイプは、電話予約のみから確定予約できるようです。)

  • 禁煙希望
 幸いにして、アサインにまだ余裕があったのか、リクエストはすべてかないました。(禁煙専用部屋だったかどうかは、わかりませんが、煙のにおいはしてませんでした。)
 
 そんなわけで、滞在中は、市内や近隣の散策を楽しんだり、京都に出かけたりしながら、このホテルの立地の良さを実感し、さらに居心地のよい広々とした客室や、コンシェルジュフロアのラウンジを利用し、快適に過ごす事が出来ました。

 


(注)2008年11月時点での宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ