※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
InterContinental Tokyo Bay
デラックス バスリバービュー(ダブル) / 2004年8月
予約:eAuction (現 一休オークション)
宿泊プラン:
限定出品!バスルームから夜景が見える!レギュラーフロア デラックス バスリバービュー(ダブル)
 8月のお盆休みが近づいてきた頃、ホテルインターコンチネンタル東京ベイに宿泊しました。

 その直前に、セルリアンタワー東急ホテルに宿泊していたのですが、「やはり、どこかでもう1泊したいね」 という事になり、宿泊中にパソコンを開いて、一休.comやeAuction (現 一休オークション)にアクセス。(^^;

 翌日宿泊するところを前夜に探す・・・という事もあり、選択肢はそんなに多くはなかったのですが、アレコレ相棒と一緒にみていたら、ホテルインターコンチネンタル東京ベイさんが「デラックス バスリバービュー(ダブル)」のお部屋をeAuction に出品しているのを発見!(^o^)

 実は、1枚の布団を2名でシェアするダブルベッドって、個人的にはあまり好きではない(^^;ので少し迷ったのですが、「
15時以降チェックイン、翌朝11時チェックアウト」の時間制約付きながら、ラックレート約6万円の角部屋に\27,000.-で宿泊できるのなら・・・という事で、ここにしようかと。

 入札(予約)直前に、ふと、自分がインターコンチネンタルホテルの会員組織であるPriority Club Rewardsに入会していた事を思い出しました。
 無料の会員でも、会員特典として、『
希望した場合、空室状況により14時までのレイトチェックアウト』というのがあったなぁ〜と。


 そこで、入札受付締め切りの1時間前くらいだったのですが、ホテルのフロントに電話しました。

 「
現在、eAuctionに出品されていらっしゃる明日宿泊のお部屋を、これから入札しようかと迷っているのですが、仮に予約が確定できた場合、Priority Clubの特典である14時のレイトチェックアウトへの変更は希望したら かないますでしょうか?」・・・・に対し、幸いな事にホテル側も「明日の予約分ならば大丈夫です。先にお名前を教えて下さい。落札が確認できましたら、当方でチェックアウト時間を14時に変更の手続きをしておきます。」と気配りを利かせてくださったのでした。

 こうして、23時間ステイが実現しました。(^^) 結果的には、広々とした明るい室内で、ゆったりと流れる川を眺めながら、とてもおいしい朝食をゆっくりといただく事も出来、大満足のステイとなったのでした。これまで、このホテルで宿泊を経験したお部屋の中では、一番のお気に入りかも?


 
(注) 2004年8月時点での宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ