※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
ハイアット・リージェンシー・オーサカ
Hyatt Regency Osaka
リージェンシークラブ・デラックスルーム / 2004年10月
予約:ホテル公式サイト
宿泊プラン:
ピュアステイ

 
 
 
  

 
 九州から舞子・神戸などでの旅を楽しんだ後、私は友人と別れ、ひとり大阪南港に向かいました。

 大阪では、日中は入院中の友人のお見舞いなど用事はあったのですが、そろそろ旅の終盤なので、少なくとも夜はホテル内でおとなしく過ごして、仕事復帰前に旅の疲れを少し取らなくちゃ♪・・・と考えて予約してみたのが、南港にある
ハイアットリージェンシー大阪でした。

 利用したのは、ホテルの公式サイトなどで見る事ができる「ピュアステイ」というプラン。

  • ホームシアターが楽しめる設備(43インチサイズの大型プラズマディスプレイやDVDプレーヤー、ワイヤレスのスピーカーシステムなど)
  • ルームサービスでのディナーコース
  • リージェンシークラブ専用ラウンジでの朝食(コンチネンタル)、コーヒー・紅茶および、夕刻のカクテル・サービス
  • 客室内のミニバーのドリンク&スナック無料
 
 この宿泊プランで利用できる客室は3室で、うち1室は「リージェンシークラブルーム (約40平米)」、残りの2室が「リージェンシークラブデラックスルーム (約75平米)」となってました。

 今回は、より広い「リージェンシークラブデラックスルーム」の方を選択しました。名称は変わってますが、このお部屋、当サイトからリンクさせていただきている、EVA-CHINさんのサイトで紹介されている「ジュニアスイートルーム(旧名称)」と同じです。こちらに掲載されている宿泊記を拝見し、いつか自分も機会があれば泊まってみたいなーと思っていたのでした。



 滞在を終わってみれば、とても居心地の良い広々としたお部屋や充実したAVシステム、柔らかい枕、大きなバスタブ、のんびりとくつろげたラウンジ、シックなデザインで私好みのホテル館内の内装などなど、たった1泊の短い滞在でもとても印象に残る滞在となりました。

 大阪の中心街や新幹線の駅からは離れていて、アクセスは多少不便なところはありますが、それでもまた泊まりに行きたいと思う程にいろいろな魅力にとりつかれてしまったのでした。
 
(注) 2004年10月時点での宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ