※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
フォレスト・イン昭和館
Forest Inn Showakan
コーナーダブル / 2004年12月
予約:ホテルに直接
宿泊プラン: コーナーツインプラン・・からお部屋の変更

 
 

 
 

 
 
 毎年師走の時期になると、我が家では、私が逃げるように家を出る恒例の日がやってきます。(^^;
 自宅で家族があるイベントを行い、その日はとても大勢の来客があるのですが、私には全く関係のないお客様ばかり・・・という事で、逃げるのです。(^^;

 
 そんな恒例の日、いつもは、友人と遊んでいる事が多いのですが、今年は友人との都合がつかなかったので、ひとりでどこかでのんびり過ごそうと・・・以前から気になっていた、西東京にあるフォレスト・イン昭和館のひとり利用の宿泊プランを予約しました。

 予約をしたのは、「コーナーツインプラン
  • 朝食・ウェルカムドリンク付
  • スパ(大浴場)を、ご滞在中何度でも利用可能。
  • ホテルオリジナルポーチをプレゼント
  • バスローブを装備
  • 客室冷蔵庫内のお飲物をサービス
 ひとりで利用した場合、25000円・・・のプランでした。ホテルの公式サイトで公開されているお部屋のレイアウト図を見ると、室内は広々としていそうですし、バスルームも洗い場式なので、良さそう・・・・・と、予約を入れると共に、「眺望の良さそうな階層のお部屋をお願いします」とのリクエストを入れました。
 
 ・・・・しかし、宿泊の日が近づいて、ホテルの公式サイトを再びのぞいていたら、予約当時は何故か目に止まっていなかった別の宿泊プランが気になりだしました。
 
 「
コーナーダブルプラン 〜Timeless Time〜」というコーナーダブルルームを使ったプランで、コーナーツインプランと比べて料金が1000円プラスとなる代わりに、「ピアニスト松村健さんオリジナルCDをプレゼントとしてご用意。客室のDVD/CD一体型プレイヤーでおくつろぎの時間を演出致します。お部屋に用意されたBGMも村松さんのセレクトです。
また、著者の谷川俊太郎さん・覚和歌子さんおすすめの詩集をお部屋にセット。ゆったりとした空間で、ゆったりと読書をお楽しみ頂くのもいかがでしょうか。
」との事。
 
 ただし、コーナーダブルのお部屋のレイアウト図が掲載されていないので、どんなお部屋なのかその時点では全く想像がつきませんでした。掲載されているベッドルームの写真を見ると、コーナーツインと比べて少し狭そうに見えました・・・・が、実は、ホテルに問い合わせてみたら、写真の撮り方の違いで広さが違うように見えるだけで、実は、間取りは、コーナーダブルもコーナーツインも全く同じ・・・という事がわかったのでした。
 
 そこで、コーナーダブルの予約の空きを伺ってみたら、その時点で空きはまだ1部屋あるとのお返事。
ただし、コーナーツインプランはリクエストに応えて眺望の良い8階のお部屋をアサインの予定でしたが、コーナーダブルのお部屋は4階しか空いていないので、眺望が少し劣りますが宜しいでしょうか?・・・・と言われてしまいました。
 そう言われると、悩んでしまい・・・・・結局、予約はコーナーツインのまま、もし当日まだコーナーダブルのお部屋がまだ空いていたら、両方のお部屋を見せていただいた上で、お部屋を決める・・・・という事になりました。
 

 
 前置きが長くなりましたが、そんなわけで当日、チェックイン時に、2種類のお部屋を見せていただいた上で、
(あいにくチェックイン当日は小雨模様だった事もあり)、「今回は、コーナーダブルを、次回お天気の良い時に、高層階のコーナーツインを」と判断して、コーナーダブルルームにしました。ただし、ホテル側も村松健さんオリジナルCDの準備ができていない・・・という事で、コーナーツインプランの料金そのままでの、お部屋替え・・・という事になったのでした。
 

 
 滞在中は、お部屋の中で快適に過ごし、翌朝からは快晴となりホテルの敷地内にある森の中で森林浴を楽しんだり・・・・と、まさにのんびりと過ごす事が出来、特典が山盛りのこの宿泊プラン、日々の疲れをとってリフレッシュ滞在を楽しむにはすごく良いなーと思いました。(^^)

(注)2004年12月時点での宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ