※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
ホテル ペルーラ
Corstal Resort Hotel Perula
ダブル / 2003年05月
予約:ホテルに直接予約
宿泊プラン:
忘れました。。。(1人用朝食付きプラン)
2005年5月追記:
その後、このホテルは別の会社に買い取られ、全面改装され、2005年4月以降 リーバーホテル+オーシャン セトレとしてオープンしたようです。
全23室の客室をはじめ、イタリアンレストラン、バンケット、バーラウンジ、ブライダルショップ、エステティックサロン、プールの他、夏には敷地内にチャペルも新設予定との事です。
目の前のアジュール舞子(海岸)も、数年ぶりに開放されるようですし、またの再訪が楽しみですね。o(^o^)o
 ウェスティンホテル淡路&淡路夢舞台での充実した2泊3日の滞在を終え、明石海峡を渡り、向かった先は、明石海峡大橋の袂にある「舞子」という駅。淡路で一緒に過ごした友人は都合が付かずここでお別れとなったのですが、私はひとり、明石海峡大橋の袂の海沿いに建つ、小さなホテルに宿泊することになっていたのです。

 そのホテルの名は、「コースタル・リゾート ホテル ペルーラ」。
 海水浴場「アジュール舞子」の横に建ち、全ての客室から明石海峡大橋が望めるオーシャンビュー。
 スパプール&タラソエステなど充実のエステ設備「Aqua Spa」や、(地元や周辺地区でも味や雰囲気の評判が良いらしい)フレンチをベースとした洋食レストラン「ネプチューン」なども備えながらも、客室数はわずか23室という、プチリゾートホテルなのでした。

 残念ながら、このホテルは、2004年1月に営業終了してしまいました。。。
 ホテルは「アジュール舞子」という海水浴場の真横に建っていたので、本来ならば海水浴客などを中心に賑わうはずなのですが、ここ数年「アジュール舞子」は工事の為に閉鎖され、砂浜に入れなくなっていたのでした。(明石の大蔵海岸の砂浜の陥没事故に関連して、工事で砂浜の安全が確保されるまでは閉鎖・・・・のようです。) 私が宿泊した2003年5月下旬の平日は、さらにオフシーズンという事もあって、館内はかなり空いている感じでした。(そのおかげで、最上階の真ん中寄りのお部屋をアサインしていただけました。) 

 閉鎖してしまったホテルの宿泊記・・・どうしようかと思いましたが、すでに宿泊経験のある方とネット上で思い出を共有できれば・・・と思い、写真をアップする事に致しました。(^^)
 利用したのは、朝食やプールの利用券がついた、一人用の宿泊プランでした。(お値段忘れました。1万数千円だったような。)

 場所は、明石海峡大橋の袂にある「舞子駅」から、「舞子公園」を抜けたあたりの海沿いにありました。→ 地図(地図の右下の方に)

   
    
室内は全てフローリング。
有線440チャンネル、オンデマンド式で充実した映画のラインアップ(天井には、大きなスピーカーが2つ)、テレビゲーム・・・という感じで、たとえお天気が悪くても、室内でゆったり過ごせるように配慮されてました。
 
  
洗い場付きのジェットバスが装備されてました。基礎化粧品などを含め、アメニティも想像以上に揃ってました。
(写真の他に、シャンプー&リンス&バスフォーム) お風呂はジェットバス。
  

朝食は、1Fの「ネプチューン」で。
オムレツは、フワッとしていて、美味しかったです。


明石海峡大橋の、ライトアップイルミネーションを解説するチラシが客室内に。 たとえば、4〜6月のライトアッププログラムは、こちらでも見る事ができます。
 客室のベランダからの眺めは・・・・
 明石海峡大橋が目の前に!迫力ある景色が楽しめました。
 目の前の海を船が頻繁に行き来していて、それを眺めているだけでも楽しかったです。

小雨がたまにぱらつく・・・という感じで、夕方はお天気が良くなかったので、写真を撮る時に、「クール(青色強調)」モードにして撮りました。(^^;

 明石海峡大橋の別名は、「パールブリッジ」。
 ライトアップされると、真珠の首飾りのような感じですねー。
 
ちなみに、以下の写真はホテルの外で撮りましたが、
毎時0分前後のライトアップイルミネーションは、こんな虹色な感じでした。

ただただその美しさに、ボーッと見とれておりました。
 ホテルの周辺は・・・ 公園、海岸、アウトレット・・・・・・けっこう周辺を散歩しまくったので、日焼けしました。(^^;

舞子公園の中に建つ、移情閣・孫中山記念館

アジュール舞子(海水浴場)
ご覧のように、ここ数年は、工事中で、砂浜には残念ながら立ち入りができません。しかし、その周囲を散歩していても気持ち良かったです。この海岸から、明石海峡大橋がよく見えますしね。
 10分程歩いたところには、ヨットハーバー&アウトレトモールのある、「マリンピア神戸 ポルトバザール」がありました。
お店をゆっくりみてまわったり、ヨットハーバーで海風に吹かれながらしばらくボーッとしながら座っていたり(ここからも明石海峡大橋がとても良く見えるんです!)で、淡路夢舞台とは、また違った、とてもゆったりした充実した時間を過ごす事ができました。

都市以外では、初めて体験した、ひとりぼっちの滞在。
滞在前は不安も多かったですが、滞在が終わってみれば、こじんまりとしたホテルならではの、フロントやレストランの従業員の方々の暖かく丁寧なおもてなしを受けながら、とても快適な時間を過ごす事ができました。ホテルが営業終了してしまったのは、本当に残念!

(注) 2003年5月(ダブル)での宿泊体験に基づく記録です。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ