※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
センチュリーハイアット東京
Century Hyatt Tokyo
リージェンシースイート / 2006年12月
予約:ハイアット ホテルズ ワールドワイド リザベーションセンター東京
宿泊プラン: なし (ゴールドパスポート 6000ポイントを使用して、スイートへのアップグレード)
 
 2006年最後の滞在は、新宿のセンチュリーハイアット東京。

 11月下旬に、繁忙期価格でパークハイアット東京に豪勢に3連泊したばかりだったので、今回はなるべく安い料金でお泊まりしたい・・・・と考えました。

 その時、思いついたのが、パークハイアット東京での3連泊滞在により大量に獲得したゴールドパスポート(無料で入会できるホテルの会員組織)のポイントから一部を利用してハイアット系ホテルに滞在する事。




 まだまだ無料宿泊の権利を得る程のポイントは溜まっておりませんでしたが、6000ポイントを使っての「スイートルームへのアップグレード(最大4連泊まで)の権利」ならば、使えそうです。
 「アップグレード」ですから、「アップグレードされる前の客室」の予約は必要となりますが。

 この場合ハイアットホテルズの予約センターへ電話をかけ、会員番号と共に、「6000ポイントを使ってスイートへのアップグレード権」の利用したい旨を説明し、希望のホテルと宿泊日を伝えました。予約センターでは、スイートルームの空き状況を確認し、空きがあった場合、次に「宿泊希望日の残室の中での最も安い客室の宿泊料金」を案内して下さる・・・というわけです。

 今回の場合、「アップグレードされる前の客室」の予約にあまり金額をかけたくなかったので、センチュリーハイアット東京での権利利用を希望してみたところ、税・サ込みで約3万円を案内されました。

 結局、約3万円+6000ポイント利用により、約8万円のリージェンシースイートの予約が出来ました。6000ポイントが約5万円の価値に化けたわけですね。(^^)

 結果的には、この時滞在した客室、そして専用ラウンジ、どちらもとても居心地が良くて、大変気に入りました。(^^) 
(注)2006年12月時点での宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ