※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
調布クレストンホテル
Chofu Creston Hotel
デラックスツイン / 2004年7月
予約:ホテル直接
宿泊プラン:
花火鑑賞プラン

    

 
 2004年7月、、調布駅前の「調布クレストンホテル」に宿泊しました。

 目的はずばり、調布市花火大会の「花火鑑賞」。 
 調布駅周辺は、昔からたまに利用していて、何となくなじみのある街である事から、例年開催されるこの花火大会も、友人〜職場の同僚までいろんな人と観に行った思い出深い大会となっておりました。

 近年は、多摩川の川崎市側の土手にレジャーシートを敷いて、うちわをパタパタさせながら鑑賞するという事が多かったのですが、ひょっとしたら、調布パルコの上層階を占めるこのホテルの客室からも、花火がよく見えるのではないか〜という好奇心を持ち、6月の初〜中旬頃に電話をかけてみたら、まだ空室がいくつかあり、簡単に予約がとれてしまいました。これにはちょっとびっくりながらも、嬉しかったです。(^_^)v

 宿泊プランは、「花火鑑賞プラン」。意外にも、開業15周年のこのホテルがこの年初めて設定したプランだそうで、複数の部屋タイプで設定されており、最も広いデラックスツインを2名で利用した場合、室内のミニバーの利用840円分迄無料&朝食バイキング(2名分で約3000円相当)の特典付きで、税・サ込みで33,000円でした。

 この額は、ラックレート(30,230円)に朝食を別につけたのとほぼ同等のお値段という事になるので、値付けとしては、かなり良心的だなーと予約時から好印象を受けてました。(東京湾岸のホテルですと、ラックレート4万円のお部屋が花火の日だけ8万円に・・・なんて事も珍しくないので。)

 結果的には、この年の夏は大変な猛暑になり、花火大会の当日も朝から猛暑状態だったので・・・(例年、16時頃から現地の土手で場所取りしていた事を考えれば、)かなりの体力温存(※)にもなり、お部屋もゆったり感があったので、お値段分の価値は充分にあったように思います。(^^

 このホテルの客室から花火がどう見えたか・・・などについては、すでに記事にしてますので、ここでは、その他のホテルの客室の様子を掲載しようかと思います。


※体力温存:この年、結果的に花火大会は6箇所も観に行ったので。(^^;

(注1)2004年7月の宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ