※注意事項、免責事項
< 宿泊記 >
ザ・ビーチタワー沖縄
The Beach Tower Okinawa
コーナースイート / 2009年4月
予約:JTBの店舗から予約
宿泊プラン:プラン名不明(朝食付きプラン)

 

 
 
 

  
 2009年4月。 約半月をかけて、沖縄本島と宮古島を巡る旅行をしました。(詳細はこちら

 その旅の途中で、西海岸にある、北谷公園サンセットビーチの目の前に建つ、「ザ・ビーチタワー沖縄」に、1泊する事になりました。

  • 周辺に何もない高級目なリゾート地・・・の滞在だけでなく、繁華街の中のホテル滞在も旅程に盛り込んで、過ごし方にメリハリのある旅行にしたい・・・と考えた。
     
    こちらのホテルならば、繁華街にありながら、ビーチも目の前。天候が悪くても、いろいろと楽しめるかも・・・と。
     
  • 当サイトからもリンクさせていただいている、「トラベルシューティング -旅・島専科」にて、以前、ザ・ビーチタワー沖縄の滞在記が公開されていて、ホテルにも、近隣にある美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ(観覧車のあるショッピングエリア)にも、興味を持つようになった。(残念ながら、現在は非公開になってしまっているようです。)
     
  • 宜野湾市トロピカルビーチで実施される、海開きの前夜祭イベント「琉球海炎祭」を観にいく事になり、イベント会場近くのホテルを1泊分予約してあるが、もしもそのイベントが荒天順延で翌日に開催された場合に備えて、そのイベント会場からそう遠くない場所にもう1泊したい。北谷町なら近くてちょうどいいかも。


 予約は、旅行券を使いたかったので、JTBの代理店経由から。

 客室については、いろいろと迷いつつも、眺望とコストのバランスを考え、
コーナースイートにしました。
  • サンセットビーチを眼前に見晴らしたい!
    ・・・でも、夜になると真っ暗になっちゃうかな?

  • 夜はアメリカンビレッジの観覧車ビューも楽しんでみたい。
・・・となると、2方向の景色が楽しめる角部屋が、最大の希望となるのですが、調べてみたら、それはコーナースイートの一部の客室・・・という事なのでした。

 このコーナースイートは、以下のような特徴を持っていました。
  • 3F〜21Fまで、各フロアに2室ずつある。 
  • フロアの南西側と北西側の2箇所の角に配置されている。 
  • 他の客室と比較して、広い面積のバルコニーがある。 
  • 西側にはサンセットビーチが見える。 
  • 西側には、ベッドルームとリビングルームが配置されている。
  • リビングルームは、角部屋で、2方向に窓がある。 
  • 南側 または 北側には、窓付きのビューバスがある。 
  • 北西側の客室は、北側にアメリカンビレッジ+観覧車などの景色が見える。 
  • 南西側の客室は、南側に北谷運動公園や宜野湾方面の海や街の景色が見える。
 そこで、予約を入れる同時に、ホテル側へ以下の2つのリクエストを入れました。
  • 北西側の客室を希望
    アメリカンビレッジの景色を楽しみたいので)
  • 高層階希望
    2方向の景色を楽しむのなら、中層階でも良さそうですが、アメリカンビレッジ方面は、少しバイクの騒音がするかも・・・というのをネットで読んで、一応高層階の希望を出しました。
 結果的には、予約状況に余裕があったのか、どちらの希望もかなえていただき、高層階の客室でのんびりと2方向の景色を楽しむ事が出来ました。\(^_^)/


 今回滞在したホテルは、カジュアルで賑やかな雰囲気の中で、のびのびと沖縄のリゾートを楽しみたい・・・という場合に、立地と設備の面で、とても快適に過ごせるホテル・・・と思いました。
  • 西側の眼前には、サンセット・ビーチ
    (その名の通り、真正面に夕日を楽しめるようです。)
     
  • 北側には、エンターテイメント&ショッピング&飲食を楽しめる美浜タウンリゾート アメリカンビレッジ
     
  • 東側には、8つの映画館を備えるシネマコンプレックス&巨大なイオンショッピングモール
     
  • 南側には、天然温泉・サウナ・ヒーリングプールを備えるスパ施設「ちゅらーゆ」(ホテル宿泊者は利用無料)
     
  • ホテル内外の各所に、いろんな動物たちが!
     
  • (高級感はないけど)コンドミニアムのように、くつろいで過ごせる客室。
    実際、数量限定ですが、電磁調理器セット(プレート/なべ)や電子レンジの貸し出しも行っているようです。
     
 あいにく、今回の滞在中は、天候が非常に不安定(曇ったり、小雨が降ったり)で、残念ながら、客室からは、最後まで澄んだ海の景色を見る事はできませんでした。

 それでも、客室とバルコニーから2方向の景色を望みながら、のんびりと過ごす事が出来、また、滞在の間に、周辺の散策を楽しんだり、旅行用の衣類を買い足したりと、充分に滞在を楽しむ事ができました。


(注)2009年4月時点での宿泊体験に基づく記録です。今現在、ホテルが提供する施設やサービスの内容は変わっているかもしれません。
ホテル滞在記の総目次へ  この記事の最初のページへ  次のページへ