What's New?@私のホテル滞在記♪

〜 更新情報 & ひとりごと集 〜

※掲載されている写真の無断転載・無断流用を一切禁止いたします。

[プチ滞在記] ホテルグランヴィア京都 (その1) 2008年09月16日(火)

  2008年の夏の関西旅行、初日は「琵琶湖で花火大会を観覧する」という予定にあわせて、久しぶりにホテルグランヴィア京都に1泊だけ滞在しました。



ホテル探しを開始したのは、6月下旬。花火大会の会場(大津)周辺のホテルは、すでに予約満杯でした。
そこで、東京駅からも大津駅からもアクセスが良さそうな京都駅(=大津駅から2駅の距離)に直結するこのホテルに決めたのでした。

酷暑の季節ですので、朝のうちに、東京駅を出発しよう・・・と、京都駅にお昼前に到着する新幹線を選びました。
しかし、このホテルの標準的なチェックインタイムは15時から。
その理由から、今回は特別に、有料のアーリーチェックインサービス(ラックレートの30%料金増しで、11時以降チェックインできるように手配していただく)の利用を、事前にホテルに対しお願いしました。

そんなわけで、お昼少し前にホテルに到着しました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

<パブリックスペース>



ホテルのパブリックスペースは、相変わらずシックなデザインで素敵です!

レセプションデスクは、チェックアウト客(このホテルの標準的なチェックアウトタイムは12時まで)で賑わってましたが、入り口でスタッフの方にアーリーチェックインの予約をしている事を告げると、すぐにゲストリレーションズのカウンターへ案内下さり、座りながらのチェックイン手続きを行って下さいました。


(※空いている時間帯のレセプションデスクです。)

予約した客室は、最上階(15階)グランヴィアフロアの南側の改装済みスーペリアツイン。
実は、このホテルでは、開業10周年を向かえ、2007年9月〜2009年3月頃まで宴会・宿泊・料飲施設のリニューアルを行っている最中でした。
客室については、南棟→西棟→北・東棟・・・の順番でリニューアルに着手しているようで、先に改装が完了した南棟の客室に滞在する宿泊プランが、その頃 一休.comに出ていたのです。

一休限定!「最上階禁煙グランヴィアスーペリア」誕生」・・・という、最上階の南側のスーペリアツインを確約する食事なし素泊まりのプランを、今回は利用しました。

そんなわけで、ベルに案内されながら、エレベーターで15階へ。
15階には、一般客が利用できる飲食店などもあるのですが、客室スペースの入り口に相当する部分には、セキュリティードアが設けられ、客室のキーカードをスキャンしないと、その先には進めないしくみとなっていました。



今回滞在したのは、12階南側のこんな位置の客室(=赤く着色した部分)
ちなみに、マークのところに、グランヴィアフロアの専用ラウンジがありました。



次は、客室内の様子です。

連載その2に続く
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -