What's New?@私のホテル滞在記♪

〜 更新情報 & ひとりごと集 〜

※掲載されている写真の無断転載・無断流用を一切禁止いたします。

[プチ滞在記] フォレスト・イン 昭和館 2008年05月28日(水)

  2008年4月上旬。
友人と、西東京の『フォレスト・イン 昭和館』でのお花見ステイを楽しんできました。



私の友人の中には、東京23区内在住で、『週末に自然に囲まれたホテル滞在をのんびり楽みながら、リフレッシュ』案に賛同しつつも、『出かけたいけど、最近、だんだん遠出する事が面倒になってきたのよねー、もう伊豆や箱根、熱海や房総半島まで行くのもさえ面倒でさぁー(^_^;』なーんて条件がついちゃう人もいるのですが、そんな友人でもお気楽に誘いやすいのが、ここ『フォレスト・イン 昭和館』。
新宿駅からは、青梅線直通の中央特別快速に乗れば、40分足らずで最寄り駅の『昭島駅」に到着できるのです。

このホテルには、以前紅葉の季節に滞在を経験して以来、いつか桜真っ盛りの季節にも滞在してみたいなーと思っていたのですが、ちょうど昨年の春に、当サイトのゲスト様から、桜の季節に滞在した時の客室から見えた桜の風景の写真(こちらこちら)を、当サイトのホテル写真館にご投稿いただいて以来、ますます、桜の季節の滞在に興味を持つようになっておりました。

滞在に最適な月日については、ホテル(西東京)の桜のメインがヤマザクラ・・という野生種なのに対して、気象庁が発表する東京都の桜の開花予報の標本木は靖国神社(東東京)のソメイヨシノ・・と、場所も品種も違う為、どういう情報を元にどう計算して予測をたてたら良いのか全くわかりませんでした。
(ホテルに問い合わせても、情報を得られず。)
結局、ゲスト様の昨年の実績を真似て、4月上旬の週末・・で、えいやっと予約を入れてみました。

・・・で、行ってみましたら・・・・ヤマザクラや枝垂れザクラが真っ盛り\(^_^)/


▼庭園に出てみての眺め







ところで、今回、予約した客室タイプは、コーナーツインルーム。



下のフロア図で、赤く着色したところにありました。



本当は、スタンダードツインの方が、庭園の真正面にベッドルームの窓が配置されているので、庭園の風景を楽しみやすいのですが、スタンダードツインは、バスタブの中にシャワーがあるタイプのバスルーム・・という理由で、位置は良くなくても、ビューバス&洗い場仕様になっているコーナーツインを選択したのです。

その為、コーナーツインルームのベッドルーム&バスルームの窓から見える景色は、庭園のパーシャルビュー・・という感じになっちゃいましたが、それでも、バスルームの窓辺に寄れば・・・・

▼バスルームの窓から見えた眺め



こんな景色が望めましたよ〜\(^_^)/

さらに、庭園から入れる森の散策路を歩けば・・・

▼庭園の隣にある森の散策路



ツツジの群生なども綺麗で、花づくしな風景、かなり楽しめました♪


おまけに、帰りに立ち寄った、国営昭和記念公園もまた、いろんな花が真っ盛りで・・・・1泊2日で春の風景を満喫でき、とても楽しい滞在となりました。

その様子を写真集にしてみました。
駅からホテルへと向かう道の風景もまたすばらしく・・・宜しければご覧下さいませー。


 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -