What's New?@私のホテル滞在記♪

〜 更新情報 & ひとりごと集 〜

※掲載されている写真の無断転載・無断流用を一切禁止いたします。

[プチ滞在記] フォーシーズンズホテル椿山荘東京(その1) 2008年04月04日(金)

  3月の終わり頃の平日に、代休を取得して、目白のフォーシーズンズホテル椿山荘に1泊だけ滞在してきました。(^_^)



もともと、桜の時期にこのホテルに滞在する事に興味があったのですが、そうは言っても本当に桜の見頃の時期にぴったりとあわせた滞在・・・というのは非常に難しいもの。

そんな中、このホテルに滞在を終えたばかりの方から、当サイトのゲストブックに「この週末頃に桜が見頃を迎えそうですよ〜」との貴重な情報の書き込みをいただきました。(ありがとうございます〜 > Mさん!)

しかし・・・春休みど真ん中となる次の週末は、すでに宿泊予約は満室状態。

金曜日ならば、わずかにガーデンビュー側の客室でも、ツインでもキングでも空きが見つかりました。

さすがに期末のこの時期に「急だけど明日、有給休暇とって、一緒に泊まりに行かない?」と無理に誘えそうな方は周囲にいなく、一方で主婦業やってる友人を誘ってみたら「ごめん、花粉症がひどくて〜・・(><)」と、断られ(そっかーそうだよねー)・・・でも天気が良さそうな週末前の花見ステイへの好奇心は強まってしまい、結果的に「おひとり様」で滞在をしてくる事にしました。(^^ゞ

(何だか、このホテルでは、いつもひとり滞在(^_^;)

-------------------------------------------------------

予約にあたっては、ガーデンビュー側の客室にこだわりました。

これは、過去の2度のシティービュー側の滞在で、シティービュー側の景色に懲りた(=あまり好きになれない)・・・のが理由でした。多少金額が高くなろうが、「次の滞在からは、ガーデンビュー!」と思っておりました。

さらに、今回は、「神田川の桜並木も客室から楽しめたら良いなー」と思い、直前(前日)の予約にも関わらず、「客室のアサインに余裕があれば、神田川の桜並木も楽しめる客室を希望」とリクエストを入れてみました。

幸いにして、そのリクエストはかない、神田川寄りの中層階の客室をアサインいただきました。
(注:椿山荘の庭園の木々の方が、神田川の桜並木よりも高いところにある為、ガーデンビュー側の客室であっても、神田川寄りの客室、または 高層階の客室 でなければ、桜並木は見えないかも)



そのお陰で、滞在中は、目の前に広がる庭園内の古都のような景色と、縦に伸びる神田川沿いの桜並木のどちらの景色も楽しめました。



そして、庭園内や周辺が桜のまさに見頃を迎えていた為、滞在中は、庭園内の様々な品種の桜や神田川沿いの染井吉野の桜並木を、散策しながら存分に楽しむ事ができました。
(庭園内は、桜の木の本数自体は多くないですが、いろんな品種を楽しめました。)

滞在中は、終始、顔の表情がほころばせながら、るんるん気分で散歩を楽しめました♪ 知らない方ともすれ違い様に「見事ですね〜」「すごいですね〜」と自然に声をかけあったり・・(^^;
(滞在中、5kmくらい歩き回ったのではないかと。)

チェックアウトの日は、あいにく午後から別の花見の約束が入った為、後ろ髪ひかれる思いで、お昼頃には、もうホテルを後にしましたが、ある事に対する好奇心が残っていた為、4日後にまた椿山荘の庭園を訪れる事に。(^^;

今回、その様子を、写真集にしてみました。

客室からみえる景色

庭園内の桜の様子

ホテルの近隣散歩
(江戸川公園)
(新江戸側公園)

ホテル内で楽しんだお食事

後日談

・・・と、一緒に散歩を楽しむように、ご覧いただければ幸いです。



尚、今回、客室内の写真は、ほとんど撮ってませんので、普通の滞在記(客室やバスルーム内の様子)は作成予定はありません。客室内は、以前滞在した、シティービューのスーペリアキングと、ほとんどかわらないように思いました。
気がついたのは、ミニバーのカップ&ソーサーや、巨大ミネラルウォーター(ビン→ペットボトル)の変化くらいでした。

そのかわり、プチ滞在記の連載として、引き続き、飲食の詳細や、後日楽しんだ雅楽の舞台の様子について書いてみようと思います。

続きは、こちら
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -